植物身辺帳

植物身辺帳

種植えて新芽出て伸び葉が茂り蕾が出来てついに花咲く

夏らしい夏よ この7月の暑さは

先日の雨の影響はどうなったろう、わが故郷、また広島、岡山、岐阜の方も。

その前には北海道も雨の被害を受けたと聞く。

もっとも暑い時期、できるだけ涼しくして過ごしてほしい。

被災地の安寧を願う。

 

 

f:id:tprr65:20180705124705j:plain

先日、父母が大阪まで来てくれた。

東寺へ行きたいとのことで蛍池村上家と5人でドライブ。

こちらはその時の蓮。

 

f:id:tprr65:20180705145416j:plain

行けそうなら醍醐寺もと言っていたので、足を伸ばしてみる。

写真は醍醐寺の大榎。

その榎の足元に父が写っている。

f:id:tprr65:20180705135619j:plain

なんという店だったかその昼に行った中華料理屋の階段に飾られていた絵。

こんな絵が描けるようになりたい。

 

f:id:tprr65:20180710233411j:plain

f:id:tprr65:20180709211114j:plain

f:id:tprr65:20180710233520j:plain

最近は変な植物に興味が出て、店に行ってもこんなんばかり見ている。

ソテツみたいな奴はパキポディウム・ラメリー、アガベは吉祥冠という品種だ。

アガベも今は成長期のようで、日毎中央から外へ向けて一枚一枚開いている。

見ていると小さい時の頃やその頃の事、その頃の自分の心を思い出したりして面白い。

そうなるとウイスキーもまたうましである。

 

その頃の自分の心、と言うた。

いつの頃かの自分の心が蘇る事はあるか。

私にはそれがとても貴重で尊い

その度毎にとても懐かしく感じられる。

そしてまたそれを感じさせてくれるもの。

それはトリガーか、あるいは心を宿したものか。

何れにしても、それらも同じように尊く感じられる。

 

f:id:tprr65:20180721194404j:plain

f:id:tprr65:20180721194428j:plain

外壁の修繕も大方出来上がり、足場も解体を待っているようだ。

こっそり登ってみたりなど。

f:id:tprr65:20180715104713j:plain

阪急電車の車内。

スヌーピーの電車に乗れると楽しい。

眺めていて小学校の頃、スヌーピーが好きでよくノートに書いていたのを思い出した。

"You probably know me better than anyone."