植物身辺帳

植物身辺帳

種植えて新芽出て伸び葉が茂り蕾が出来てついに花咲く

ええ歌を知った

f:id:tprr65:20170226121905j:plain

春一番が吹くとの予報」と朝一番に聞いて、そんな予報ができたもんかのと思いながら、現場でそんな話をしていると海風がだんだんと強くなった昼。今ggってみると中国・九州・北陸ではすでに吹き、関西はこれからの様子。

 

今日は神戸三宮近辺で知り合いの社長が呼んでくれたので行ってきた。ものづくり一本でやってきてそういう感覚を持った人で、そういう感覚を少しでも知りたいと日々の疑問をあれこれと尋ねながら毎回仕事している。ものについての感覚や素材の硬さ、力の入り方、入れ方。道具の使い方や方針の立て方。ものを作ること自体から昔と今の中国のものづくりにまで話が及ぶ。

 

昨年、図書館で借りてきたCDでCourtney Pineという人のものがある。1曲、ゆったりした優しい雰囲気の曲で気に入って何度も聞いていた曲があった。

 

Courtney Pine - Wikipedia

 

Courtney Pine CBE (born 18 March 1964 in London) is a British jazz musician, who was the principal founder in the 1980s of the black British band the Jazz Warriors. Although known primarily for his saxophone playing. Pine is a multi-instrumentalist, also playing the flute, clarinet, bass clarinet and keyboards. On his 2011 album, Europa, he plays almost exclusively bass clarinet.

 

去年はまたBob Marleyをよく聴いていた。ある曲を聴くとその時期のムードとか生きる気分とかをまとめて思い出すことがある。というか「その時になる」というか。この前は Nice Timeを聴いて、17年の2月頃、よく晴れた日が続いて昼間多少暖かいときに窓を開けてこの曲を流してコーヒーを飲んだ時間を思い出した。

 

妻に聴かせようとして、itunesで彼の名前を検索すると、出てきたリストにCourtney Pineの名前が混じっていた。それが先述の気に入っていた曲で、検索してそれがBob Marleyの曲であったことを知る。道理で優しいはずだと思う。

 

タイトルはRedemption Songという。

 

Redemption は Redemptio(redimo + tio)に由来する語で、救済・償還・贖いという意味。redimoは買い戻す、身代金を払う、罪滅ぼしをする、贖う、救うといった意味の言葉で接尾辞tioが付いて名詞化。

 

 

www.youtube.com

Won’t you help to sing 

The song of freedom

 

とBobが歌うのを聴いて感じるところすこぶる多く、この曲を通して考えたり振り返ったりして救われるところもまた多い。

 

物を作ることやその技術についても思うところ多くあって、この曲と出会ったのは嬉しかった。

 

f:id:tprr65:20170226121831j:plain

小手毬に薔薇、ラナンキュラス、薔薇の足元は常盤ガマズミか。冒頭は小手毬の気に入ってる写真。

左はサボテンのさぼ太とその奥に雲竜柳。柳はこの後、根が出てわさわさになった。挿し木が愛媛の実家にも行った。今は葉が落ちて丸裸。芽は出るかな。

 

活けた花の写真も撮っとくと何かとええね。