植物身辺帳

植物身辺帳

種植えて新芽出て伸び葉が茂り蕾が出来てついに花咲く

唐辛子の紅深まる

ある島で過ごしていた頃、ある秋の夜長、そろそろアーレントのことを書いとこうと思って書いたことがある。あれは震災の前の秋だったから、そうするともう7年にもなるのか、とその夜に似て少しひんやりした静けさの中に思った。

 

先日読んだ文章に、心は宝石の多面体に似て、という風な話があって、それをすかさず翻案したのは昨日の淡路の公園でのことだったが、それにしてもこのところ思い起こすエピソードや雰囲気は先日の暑さの中にはその端も見えなかったようなことばかりで、秋の面が現れたのだなあ、と思われて、なんとなくウイスキーをやりたくなる。

 

昨日のK氏との話では「初めての記憶」というテーマがでてきた。初めてのではないものの、秋の記憶で古いものの中にこのようなものがあった。

祖母におぶってもらって田んぼの間の道をゆく。田んぼの向こうに駅、その向こうに山がある。その山に向かってわあっと大きな声を出す。声が大きいねえ、と祖母が笑う。

これはなんとなく秋だったような気がしている。今となっては、秋が似合うような気がする、との区別も付かないけど。

 

不思議なことに、以前は内容だけ残してその感触を失ったように感じられたこういう記憶が、季節の度毎にその感触を取り戻していっている。生きる中で懐かしい感触を覚えることが増えた。あるいは逆に感触がはっきりしてきて、それらがひとつひとつ懐かしいのかもしれない。それはでもどちらでもよくて、いずれにしても、今の只今に生きたいと自分がうっすら感じて、そう言葉にしてきたのは、実際なってみるとこういうことだったかと、ほのぼのと、また静かにうれしく感じられる。

 

昨日会って話したK氏は、色々の方面ヤッているなという様子で刺激を受けたし、元気そうでよかった。打ち合わせた仕事の方もいい仕事になりそうでうれしい。某小学校の話も一緒にしていけたらいいと思う。島での話の進み方によく似ていたのもあってあらためて縁を思った。

 

H氏とやっているいっしょに買っちゃいましょう企画第二弾の蜜蝋が届いた。木のこまごましたものに塗るつもりだったのが、靴にも使えるとのことで、秋の風に吹かれてショボショボしてしまっている革靴もそろそろ手入れしてやろうと思う。来月の合宿のときに分けるよ。

 

塗料関連でついでに、柿渋のタンニンと結合さしてやろうと思って、鉄漿を作っている。錆びた鉄を酢に溶かしてそれを柿渋に混ぜるということで、まず鉄を錆びさせていたのが錆びたので、今日の夕方酢漬けにした。これを鉄漿(かね)といい、柿渋と混ぜると真っ黒の液体ができるそうだ。漆の仲間のヌルデの根にできる虫こぶ、タンニンを豊富に含むこれを五倍子(ふし)と言い、その粉と鉄漿を混ぜて得られた黒をかつては歯に塗っておはぐろとした。

柿渋は不思議な液体で、墨汁と混ぜたらゲル化するが、何が変わるのか水で薄めた墨汁と混ぜると黒液となる。鉄漿と混ぜてどうなるだろう。

写真は撮るのを忘れていた!なんと!

明日撮ろ。

 

唐辛子やなんかもようできとるのを明日には写真撮ろう。

いつの間にかちょっと減ったのは帰り道賑やかな小学生たちの仕業か、いや、そんなのは詮無いことだ。

そう言いながらもパセリに付いていた虫の名前を教えてもらったり、バジルをあげたりして一応は良好な関係を保っていると思う。

なんの事か、そうだ、酔っているのだ、私は。