植物身辺帳

植物身辺帳

種植えて新芽出て伸び葉が茂り蕾が出来てついに花咲く

某日某所にて

一昨日、某小学校が閉校になってその校舎が空いておるというので、元議氏とその友達と見に行った。

声をかけてくれた元氏は現在の同僚で、先先日に空港でコーヒーを飲んだときに「そういう話が出たので君の事を紹介しといた、今度話をしよう」と言う。後日、蛍でお茶をということにした。それで一昨日、元氏とふたりでお茶。その茶話の中で彼がその友達のF氏に電話をしたら、今から行こうということになって、某駅へ。

某駅少し歩いて敷地、校舎。築40年は経っているだろうか、しかしそれでもやはり公共の建物であってしっかりしたものであった。

様々謀議。

30日に別自治体の運営する同様案件に「視察」に行くことにした。

車で1時間、うんまい飯を食わすところがあるとのことで各方面楽しみである。

元氏の友達は彼と同世代の女性で台中のご出身。セールス関連は任しといてとのことでとても心強い。(台湾の話も興味深い。)

元氏は出自柄、行政とのやりとりが得意であって、こちらもとても頼もしく感じている。

街の為、あるいは旅人の為、街に生きる人の為、何ができるであろか。

各方面、さまざまな人々の力を合わせて進めていきたいと考えている。

8月21日スタートを切った。