植物身辺帳

植物身辺帳

種植えて新芽出て伸び葉が茂り蕾が出来てついに花咲く

植物園に行ってきた。

タクシーセンターに乗務員証をもらいに行こうとして、電車に乗って1時間もかけて行って帰っては難儀なので、奥さん娘を誘って、ついでに鶴見の植物園に行ってきた。

www.sakuyakonohana.jp

f:id:tprr65:20170527115134j:plain

どーん。

 

最初の温室は熱帯雨林的な風景。洋蘭やらオニバスやら。

f:id:tprr65:20170527165825j:plain

 

その横にあるのは睡蓮のための池。可憐。

f:id:tprr65:20170527165830j:plain

f:id:tprr65:20170527165834j:plain

f:id:tprr65:20170527165837j:plain

 

おっとこいつはオオオニバスだ。

f:id:tprr65:20170527165839j:plain

小さい子供が乗っても浮かぶという話であるが、実際うちの娘が乗っても余裕がありそうだった。ただ棘がたくさんあるので、蓮の方が大丈夫でも娘が嫌がりそうだ。

 

下はなんかの花。その下はバナナが生えていた。も一つ下のもなんかわからん花。

f:id:tprr65:20170527165842j:plain

f:id:tprr65:20170527165845j:plain

f:id:tprr65:20170527165848j:plain

 

ゴゴゴゴゴゴ。うわあ、あれを見ろ。

f:id:tprr65:20170527165851j:plain

何かの大きな生物が生まれ出ようとしていて、辺りには地響きのような唸りが轟いていた(嘘

 

下のもなんかの花、なのか?多分花だろう、わからん。

f:id:tprr65:20170527165856j:plain

 

全体的に緑多くて和むが近くに寄るとどれもこれも妙竹林だた。

f:id:tprr65:20170527165859j:plain

 

そうそうこういう南国風味も和む。オリエンタリズム万歳、サイード乙!

f:id:tprr65:20170527165908j:plain

 

ネムノキ。合歓木。

f:id:tprr65:20170527165911j:plain

f:id:tprr65:20170527165917j:plain

 

平和ですねー。

f:id:tprr65:20170527165923j:plain

 

ゴゴゴゴゴゴ。

f:id:tprr65:20170527165927j:plain

どーん。

奇想天外(古株)

 

f:id:tprr65:20170527165931j:plain

こっちは若い株だそうだ。

なんか真ん中に本体?のようなところがあって、そこから左右に葉のように出たのがひらひらと伸びる。これがボスなら本体に集中。

 

f:id:tprr65:20170527165936j:plain

こっちはアフリカ区。乾燥地帯だ。

f:id:tprr65:20170527165942j:plain

何かの樹の肌。

f:id:tprr65:20170527165944j:plain

金鯱の群れ。

f:id:tprr65:20170527165948j:plain

どーん。

f:id:tprr65:20170527165957j:plain

f:id:tprr65:20170527170002j:plain

f:id:tprr65:20170527170007j:plain

f:id:tprr65:20170527170012j:plain

f:id:tprr65:20170527170019j:plain

f:id:tprr65:20170527170027j:plain

うちにいるサボ太の仲間だ。真上から平面的に撮ると何かが際立つように思う。何がだろうか、何にしてもすごい。

 

今日はちょうどハワイの植物展をやっていた。

www.sakuyakonohana.jp

ギンケンソウ。上のは枯れた分。書いてあるのを読むと、この個体であったかなかったか、8年もかけて花を咲かせたそうで、ここだけでなくとも全体的に運営されている方々の熱意に脱帽。敬意と共に歩いた。

f:id:tprr65:20170527170032j:plain

f:id:tprr65:20170527170035j:plain

f:id:tprr65:20170527170038j:plain

f:id:tprr65:20170527170041j:plain

f:id:tprr65:20170527170044j:plain

牧野富太郎はかつて植物学者たるもの自前の植物園をこさえなならん、というて自伝かに書いてあったが、私はもちろん植物学者でもなく花壇のちょっとした草木を愛でる辺り。こうして植物学者たちをはじめとする人々がこさえてくれて、それでそのおかげで休みの日にちょっと寄ったりできるというわけだ。

中環回って行ったらすぐある。

今度は誰か誘って行こうかと思う。

f:id:tprr65:20170527113929j:plainf:id:tprr65:20170527113934j:plain

 

帰りに腹が減ったので、豊中ハンバーガーショップでテイクアウト、うちでビールと共にキメた。nice day.

f:id:tprr65:20170527170233j:plain

f:id:tprr65:20170527170235j:plain

f:id:tprr65:20170527170236j:plain