植物身辺帳

植物身辺帳

種植えて新芽出て伸び葉が茂り蕾が出来てついに花咲く

1417年に起こったこと

 

一四一七年、その一冊がすべてを変えた

ルクレティウスの『物の本質について』が再発見されて、それがルネッサンスのきっかけを作ったという話の本。

蛍の駅のBK1で見つけて買ってきた。

一四一七年、その一冊がすべてを変えた

一四一七年、その一冊がすべてを変えた

  • 作者: スティーヴングリーンブラット,Stephen Greenblatt,河野純治
  • 出版社/メーカー: 柏書房
  • 発売日: 2012/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 22回
  • この商品を含むブログ (24件) を見る
 

佐々木中の言う革命はテクストから、というのはどれくらい共有された話なのだろう、この著者は彼と同じものを見ているように思える部分多く、読みもこれからながらとても刺激的。

あるいはどちらかが読んだか、それかルジャンドル界隈の影響か。

自分も多く影響を受けたいと思いながら読んでいる。

 

ルネッサンス人間性のことを思っている。

ん?全体主義

あーそっちも見んとな。