植物身辺帳

植物身辺帳

種植えて新芽出て伸び葉が茂り蕾が出来てついに花咲く

素問の勉強会3回目

今回は、四気調神大論篇第二。

少し話したいことがあったので、今回は少なめにして、4ページほどの素読

春の三月此れを発陳と謂う、から、生を奉くるもの少し、まで。

4つの数が連関し、そこの部分だけでひとつの円環を成しているという構造はとても美しく、おかげでよい読みができた。

 

前回のまとめを昨日したので、次までに今回のところをまとめて先方さんにお渡しする。

艾をいただいたり、脈を診てもらったりと、いろいろとやってもらっていることは多く、なのでお返しにできることはどんどんやっていくつもり。

 

次回は4月第二週水曜の9日。

この第二が終わったら次は生気通天論篇を読む。