植物身辺帳

種植えて新芽出て伸び葉が茂り蕾が出来てついに花咲く

料理がおもろい

妻が仕事に出るようになって家のことをなんやかんややっている。掃除はときどき、まあ、ちょっと目についたらやるぐらいで、洗濯はちょくちょく。もともと干したものを畳む習慣がないので家のなかに放り込んだあとは妻が畳んでくれている。

他方、炊事は妻に甘えてこのところビールの缶を開けるぐらいと最近は絹枝の御ミルクを湯で溶かすぐらい(キューブタイプはすごく便利)でしばらく来た。

そういえば先だって哺乳瓶の口に針で穴を増やしたところ、広がりすぎてピューピュー出るようにしてしまったのが、絹枝の成長著しく、この頃はちょうどいいようだ。やはりミルクにしてもなんにしても、ひとがよく飲むのを見るのは嬉しい。

さて、それはそれとして先日、1年前ころちょくちょく料理をしていたときのことを思い出して、もう少しなんかしよかな、と。仕事で今後必要にもなるかもしれんやろし。

と思って料理をし始めた。

ほんならそれがまたおもろい。

まずはイカを大根と炊いた。クックパッド

次の日、またクックパッドで見て、ナスの煮浸しを作った。

こうなったらレシピ本がほしくなって、野崎氏(分とく山)の美味しい法則を買ってきた。レシピ本ではなくって火の考え方や水加減など彼の仕方、考え方が書かれているもので、その合間にレシピがある。基礎がなっていない自分としてはその「理屈(@橋本治)」が書かれているのが非常にありがたく、レシピを見ては本文に戻りあれこれ考えている。

今日はそこから炊き込みご飯がうまそうだったので、98ページ、99ページに書かれているものから作った。

というか今、炊かれている。

さつまいもと豚バラ肉。さつまいもも豚バラ肉もなかったので、ひき肉を入れることにし、もう少し何かをということで茗荷も「途中で」入れた。

 

あっ、炊きあがりがそろそろや。

それじゃあまた!

唐辛子、木瓜、八ヶ岳

そういえば唐辛子ができてできたできたと言って、写真を撮って載せてなかったので今日載せる。これは先週かいつやったか、これにまた花が咲いとるのが3番花、や、4番やったかな。ようけできたので木につけたまま乾き次第に人にあげたりなどしている。

f:id:tprr65:20170911163314j:plain

f:id:tprr65:20170911163320j:plain

今年はまた美しい秋が来て、巷では鶏頭が名の通りの燃えるような紅の花を咲かせている。うちの庭には二羽鶏頭が咲いたのはもうしばらく前のことで、それからすると割と気候を問わず、出るときに出る性向であるのかと思う。

下の写真は夏頃咲いたうちのもの。隣は友達にもらったニゲラの実、と何かユリ科のような花。どれもこれも生命力のものすごい汪溢であって、植物的な生き方というのは、これらを一目見た後であれば、その語感とは反対になかなかごついものであるよと認識を改めことになるだろう。そういえばある日、山に入って陽の射す草地に燃えるような、これも燃えるようなという他にないように思われる破竹の新芽のぶっといのが出ていた時のこと、この時もその勢いに植物の静かな激しさを見たのを思い出す。

f:id:tprr65:20170615125511j:plain

下のがニゲラの実の乾いたもの。毛のような部分は萼(ガク)か。

f:id:tprr65:20170714094924j:plain

 8月までうちに咲いた鉢植えの鶏頭は槍鶏頭。今うちにある切り花はこれとは別の久留米鶏頭といって丸々隆々と盛り上がる品種の割合コンパクトなやつで見た目は相変わらずごついが、なかなか可愛らしいように見えてくる。同じく燃ゆる紅。鶏冠状の部分は花穂と言う。麦やススキの「穂」と部位としては同じものである。よく見ても鶏冠部分がどういうことになっているのか判別し難いが、下にやはり穂状の塊が球になったような部分があり、その上に見惚れるような紅、襞状の隆起がなんとも言い難い発達を見せている。先日は写生したりして、子規のことを思い出したりして遊んでいた。第四ビルB2Fの花屋で買ってきたもの。

鶏頭の十四五本もありにけり 子規

 

先日の木工の歩みに灯りの写真を入れてなかったので、またこれも載す。

f:id:tprr65:20170910050432j:plain

木枠の真ん中に電球を3つとスイッチを1つ付け、麻布を垂れ下がらした。布は妻が作ってくれた。

f:id:tprr65:20170910050354j:plain

暗くてわかりづらいけど、上から見るとこんな感じ。チェーンで天井からツラ下がっておる。

f:id:tprr65:20170910050458j:plain

f:id:tprr65:20170910050506j:plain

これは台のその後。

 

柿渋を塗ったその後、黒を出したいと思って、錆びた釘を酢に漬けて酢酸鉄の液を作った。それを柿渋に混ぜると渋=タンニンと鉄イオンが結びついて黒変する、とこれが先日書いたお歯黒の作り方であるが、その黒液を杉板に塗ったところ年輪の明るいところと密なところ、いわゆる春目と冬目で塗料の吸い込みに大きな差があって、虎の紋になってもた。タイガーアイという石があるがまさにあれのような趣。

実はその前に墨汁を水で溶いたものを柿渋と合わせて塗ったのがあって、それは黒の地を光にかざすと年輪がうっすら浮き出てなかなか美しい。それが下の写真。妻の鉄剤を5粒ほど内緒で水に溶かしたのを柿渋に混ぜて塗ったのは上の台の写真のちょうど小さな引き出しの右の箱。写真の加減で見難いが、最初に塗った柿渋が板を留めてある釘と反応した黒が木目に沿って流れたり、鉄剤がよく溶けていたのか柿渋の赤を後ろから支えるような黒で、にわかに古めかしい雰囲気を醸し出したりしていて楽しい。

その二つを見ると、わざわざ作った鉄漿があまり上手いものでなかったのが口惜しく、それがゆえに写真も撮ってなかったのではないかと思われるが、陽に当てて落ち着いたら写真にも撮ってここに載しとこうと思う。実験精神とはそういうものだ。ちなみに柿渋は紫外線に反応して色を増すので、陽に当ててというのはそれだ。

f:id:tprr65:20170910133411j:plain

f:id:tprr65:20170910133427j:plain

9月度は妻の張子強化月間で下はその灯り。面白い質感。

f:id:tprr65:20170827200527j:plain

 

f:id:tprr65:20170801223801j:plain

階段に座るH氏と妻。

 

f:id:tprr65:20170722144553j:plain

7月富士見町で入笠山のロープーウェイに乗った時の八ヶ岳の様子。

f:id:tprr65:20170722155530j:plain

 

下は梓川の立ち枯れの株に苔生したの図。

f:id:tprr65:20170724115853j:plain

下も同じく。

f:id:tprr65:20170724120417j:plain

この池は1915年6月6日の午前中にできた池で、大正池という。

なんでそんな急にできたかというと、その朝この近くの焼岳が噴火して土石流が梓川を堰き止めたからだ。立ち枯れの木はその時に水に浸かったもので、その当時は乱立していた木ももう100年も経つと少なくなっている。その名残に苔の生したのが静かで美しかった。

唐辛子の紅深まる

ある島で過ごしていた頃、ある秋の夜長、そろそろアーレントのことを書いとこうと思って書いたことがある。あれは震災の前の秋だったから、そうするともう7年にもなるのか、とその夜に似て少しひんやりした静けさの中に思った。

 

先日読んだ文章に、心は宝石の多面体に似て、という風な話があって、それをすかさず翻案したのは昨日の淡路の公園でのことだったが、それにしてもこのところ思い起こすエピソードや雰囲気は先日の暑さの中にはその端も見えなかったようなことばかりで、秋の面が現れたのだなあ、と思われて、なんとなくウイスキーをやりたくなる。

 

昨日のK氏との話では「初めての記憶」というテーマがでてきた。初めてのではないものの、秋の記憶で古いものの中にこのようなものがあった。

祖母におぶってもらって田んぼの間の道をゆく。田んぼの向こうに駅、その向こうに山がある。その山に向かってわあっと大きな声を出す。声が大きいねえ、と祖母が笑う。

これはなんとなく秋だったような気がしている。今となっては、秋が似合うような気がする、との区別も付かないけど。

 

不思議なことに、以前は内容だけ残してその感触を失ったように感じられたこういう記憶が、季節の度毎にその感触を取り戻していっている。生きる中で懐かしい感触を覚えることが増えた。あるいは逆に感触がはっきりしてきて、それらがひとつひとつ懐かしいのかもしれない。それはでもどちらでもよくて、いずれにしても、今の只今に生きたいと自分がうっすら感じて、そう言葉にしてきたのは、実際なってみるとこういうことだったかと、ほのぼのと、また静かにうれしく感じられる。

 

昨日会って話したK氏は、色々の方面ヤッているなという様子で刺激を受けたし、元気そうでよかった。打ち合わせた仕事の方もいい仕事になりそうでうれしい。某小学校の話も一緒にしていけたらいいと思う。島での話の進み方によく似ていたのもあってあらためて縁を思った。

 

H氏とやっているいっしょに買っちゃいましょう企画第二弾の蜜蝋が届いた。木のこまごましたものに塗るつもりだったのが、靴にも使えるとのことで、秋の風に吹かれてショボショボしてしまっている革靴もそろそろ手入れしてやろうと思う。来月の合宿のときに分けるよ。

 

塗料関連でついでに、柿渋のタンニンと結合さしてやろうと思って、鉄漿を作っている。錆びた鉄を酢に溶かしてそれを柿渋に混ぜるということで、まず鉄を錆びさせていたのが錆びたので、今日の夕方酢漬けにした。これを鉄漿(かね)といい、柿渋と混ぜると真っ黒の液体ができるそうだ。漆の仲間のヌルデの根にできる虫こぶ、タンニンを豊富に含むこれを五倍子(ふし)と言い、その粉と鉄漿ををかつては歯に塗っておはぐろとした。

柿渋は不思議な液体で、墨汁と混ぜたらゲル化するが、何が変わるのか水で薄めた墨汁と混ぜると黒液となる。鉄漿と混ぜてどうなるだろう。

写真は撮るのを忘れていた!なんと!

明日撮ろ。

 

唐辛子やなんかもようできとるのを明日には写真撮ろう。

いつの間にかちょっと減ったのは帰り道賑やかな小学生たちの仕業か、いや、そんなのは詮無いことだ。

そう言いながらもパセリに付いていた虫の名前を教えてもらったり、バジルをあげたりして一応は良好な関係を保っていると思う。

なんの事か、そうだ、酔っているのだ、私は。

記録について

f:id:tprr65:20170830150223j:plain

ちょっとした手間やけど、何か作ったらその都度記録しておくのは重要だ。

カメラもすぐあることやけんね。撮ってちょっと書いておくと、台のように塗料を塗ったり、テーブルみたいに形を変えたりしたときの追記がしやすいと思う。

人間は新鮮さをずっとは持てないらしく、時間が経つと使うのが当たり前になって作ったこととか忘れるし。(そういえばトイレの棚もリストに書くのを忘れていた。)

製作の足取りを振り返ることで別の分岐を見出すこともできる。記録があればそこに戻ってそっちに行ってみる、ということができるわけだ。

そんなわけで、今後は何か作業したら写真を撮っておこうと思う。

 

先日の「わが木工のあゆみ」にも写真載っけたよ。

写真は先々週に滝畑小学校跡に行った時に撮った食堂の写真。めっちゃいい椅子。

わが木工のあゆみ

去年の10月の末にそれまで住んでいたあじさいマンションから今の家に引っ越したとき、これから遊べるようになるな、と思ったのは裏に多少の土間があったからだった。棚や台などすぐに必要なものを少しづつ作り始めて、今できあがったものを見渡すと気に入ったものがたくさんある。

コンロから渡した台。家に付いてあるコンロ台はよくある二口用のもの。よくある流しとまな板スペースとセットになったやつだ。一方うちにあるコンロはカセット式のコンパクトなもの。そこをどうにかできないかと考えたのが渡し台で、1300×300の松材のテーブルの一方の足が短くしてあって、そちら側がコンロ台に引っ掛けられるようにしてある。コンロは本来のコンロ台の真上あたりに置かれている。その上に小さなペンダントライトが吊り下がっていて、こうやって文章を書いたり、コーヒーを淹れて飲んだりするのにちょうどいいスペースになっている。

f:id:tprr65:20161120185443j:plain

その台だけだとコンロ台が余るので、その横にそこを埋める台をあとで作った。これには墨で臺と大きく書いた。この2つの台でちょうどL字型ができて収まりがいい。鍋を下に入れたりもできる。

(追記:これを書いた後で、その奥の隙間も埋めた。)

先日のこと、HTNさんと柿渋を塗ったのがこの一つ目の台で、あれからまた色深まって落ち着きと華やかさがともに出た。遠目にはマットだが近づくとうっすらとした艶があって、それがまたいい。

f:id:tprr65:20170909215414j:plain

f:id:tprr65:20170909215428j:plain

棚1号~3号。どれも同じ設計のもので12mmベニヤの棚板3枚に細い材(これなんてんだっけ)の柱を4本でだいたい300×600×900、1号は薄いベニヤの背板とあとから棚板が1枚追加されている。幅900の棚の1番上のスペースが85なので少し狭いかと思いながら試しにやってみたけど、これの使い勝手がよかった。窓際に設置され、本や文房具を入れた箱など、また上に花瓶などが置かれていたが、絹枝のためのスペースとしてすべての家具がその部屋から出される計画が実行される際に後述のテーブルとともに移動され、現在では上記の台の下にすっぽりと収まって、引き続き文房具と少しの本、またラップ類などが置かれている。上2段に置かれる引き出し様の箱を今一つずつ作っているところ。

f:id:tprr65:20161222041222j:plain

(追記:これが1号。現在は上段に棚板追加されて、台の下へ。)

テーブル。このテーブルはとてもよかった。垂木用の材で足を作り、天板は(ちょっとだけ)奮発して松材を2枚合わせて600×1300になったように記憶している。1階に置かれ、はじめは高さが750くらいあって椅子を使っていたのを、絹枝が生まれてから低くして、そのあと2階に持って上がった。

f:id:tprr65:20170204170928j:plain

(追記:これは足が長かったときのテーブル。柿渋塗りたい。こう見ているとまた足長欲も出る。)

いろいろと作ったものだ。作りたいものは引き続きいろいろと出て来るが、それに加えてこういう技術を身につけたい、こういう道具がほしいというのが具体的になってきたのが面白く感じられる。

 

この家に来てから作ったものをリストにしておこう。

台2つ

テーブル1つ

棚3つ

外の工具棚

ハンガーラック

腰掛け2つ

便所の棚

箱3つ

箸1膳

スプーン1つ

離乳食匙2つ

f:id:tprr65:20170828191456j:plain

f:id:tprr65:20170828191531j:plain

(追記:スプーンと離乳食匙。HTN氏の甥っ子姪っ子さんにプレゼントした。その後、もひとつ製作。ミツロウワックスを塗る予定。)

f:id:tprr65:20170909215337j:plain

f:id:tprr65:20170909215303j:plain

f:id:tprr65:20170909215219j:plain

(追記:箱。柿渋と鉄を混ぜて塗った。激渋。台の下で調味料引き出しとして活躍中。)

(追記2:このときの鉄はディアナチュラ社のものを使った。サプリ。妻の鉄剤がちょうど棚にあったのでそれを水に溶かして柿渋と混ぜた。)

f:id:tprr65:20170109172958j:plain


(追記:そういえばこれも作ったのであった。ライト。布は麻布を妻が縫って作ってくれた。)
 

これから作りたいのは

棚(押入れの中に組み込む、1500×900×350くらいの予定)

スツール(ほぞ組み、ノミの練習のため、15°ジグ作る)

額縁(45°ジグ、チギリ練習)

珈琲一式のための箱(棚に置く)

台の奥の台(スペーサー)

そこに置く台と箱(調味料・香辛料を置く)

お膳(ご飯を食べるときに使う、わりと急務)

引き出し的な箱

裏の棚(靴、洗剤を置く)

積み木(これについてはまた書こう)

 

方向としては必要に応じた家具と指物的な方向。とりあえずはノミを研ぐための砥石と材料がほしい。額縁にはベルトクランプがあると便利そうだ。

引き続き需要に応えたものづくりのを通して研鑽を積んで参りたいと考えている。

ファーベルファーベル!

 

柿渋

HTNさんといっしょに柿渋を買って、このまえ遊びにきてくれたときに開けて、いっしょに塗った。ドハデな匂いがするとかいう触れ込みだったので、二人でおそるおそる開けてみたけど、多少あるぐらいでそんなに言うほど臭いということもなくて安心した。

コンロ台に渡してある松板を前々から保護したかったので、まずはそれを塗った。塗り始めあっさりした仕上がりだったのが、3日経つと深みを増して、色も出て、とても美しい。

艶は少しあるというぐらい。水は弾いているので、保護には充分だろうと思う。

妻が帰ってきて外に置いてあった板のところで「なにこれ臭いー」と言っていて、謝りつつも可笑しかった。

 

しばらく1人であれこれやっていたが、HTN氏といっしょにやったらやはり楽しい。旅は道連れだい。

HTNさんは蜜蝋ワックスが前々から気になっているご様子。蜜蝋と柿渋の組み合わせは艶も出そうでコレマタ良さそうである。

次回の共同購入は蜜蝋を計画したい。密猟計画。

 

そういえば、お膳のようなぐらいの小さな台があればいいな、と思っていたところ。椅子を使うテーブルの足を短くして、それをまた2階に持って行ったので、今は1階に机相当のものが何もなくて、食事をするのに畳の上に並べているのだ。今度はそれのまともなヤツを作って、柿渋と蜜蝋を塗り込めることにしようかな。

HTNさんどうもありがとう、また遊びましょうね。

明道館

阪大の端っこに明道館という建物がある。

私がまだぴちぴちの新入生のころ、入学してまだ講義も始まってなかったその日、私は何かの用事で学校に行ってぶらぶらしたあと、3食か4食(生協の建物の3階と4階にそれぞれある食堂)に入って定食を食べた。窓の外に目をやると、古いコンクリートの建物があった。壁にはペンキで何やら字が書かれていて、異様な雰囲気を醸していた。

ここには近づかん方がええな、と思ったその建物が、それから7年もの長きに渡って私が世話になることになるその明道館であった。おかげで何年も留年した。

1階がコの字、2階がロの字型の2階建てで、写真部の部室はちょうどコの字の開いたところにある入り口を入って左、2階へ上がる階段のすぐ脇にあった。対称型で、反対側にも同じく階段があった。

その階段を上がると頼りなげな梯子があって、屋上に上がるにはそれを使う。高さが足りない分に別のものを紐で結んで継いであったような覚えがある。ゆらゆらと揺れて恐ろしかった。夜になると酔っ払った学生がウイスキーの瓶を器用に持って、そこを通って屋上で1杯やるのだ。上がっても生協のビルと森に囲まれているので、眺めとかいう話ではないが、それでも。

さすがに夜中は演らなかったが、音楽サークルは数々あって、昼間はいつも何かの演奏が聞こえていたように思う。何かの演奏と、あらゆる組織の喧騒と。

後に世話になった囲碁部もここにあった。

近づかん方がええな、と思ったところにいつのまにか入って、人生の短くない期間を過ごして、出た後で振り返ると、恵まれたところであったように思う。人々も皆何かしらの才能に恵まれていた。

なんやかんやあって結局、塗り直しが行われ、学生運動の名残のそのペンキも新しいペンキで覆われて、雰囲気は多少ソフィスティケーテッドですけど、今も待兼山の端っこにちゃんとある。

 

その当時、何かの集まりで先輩のカメラで私が撮った写真を別の先輩が冊子に載せてくれた。

それをまた別の先輩が先日飲んだときに渡してくれた。

懐かしい面々。


f:id:tprr65:20170901000622j:image